『キルユアアイドル』荒木スミシ著

エンディングテーマ

by 雨ノ弱

 

プロデュース : 荒木スミシ

作詞 : 井上結夢

作曲 : 雨ノ弱 ・ 杉原亮

原作 : 荒木スミシ著「キルユアアイドル」

イラスト : 爆竹香織

動画 : 井上結夢

 

雨ノ弱 official website

http://amanojaku.jp/

 

雨ノ弱 とは

物語の主人公「ボク」を取り巻く世界を楽曲で表現する現代的シネマティックロックバンド。

Vo.井上結夢自身が「ボク」という物語の主人公であり、その独特な感性から生まれる歌詞は現代の若者の在り方を表現し、その生き辛さに寄り添う。

メンバーとサウンドプロデューサーの杉原亮による、ジャンルにとらわれないテクニカルな楽曲と世界観溢れるライブ演出は観客を物語の中へと引き込み、まるで映画を観ているかのような感覚にさせる。

 

『悪い少女~キルユアアイドル~』

 

渋谷スクランブルは今日も空っぽ

犬よりも多い人間の銅像

私は頭の中で最低な妄想をする。

エロい下着にライター、ナイフ

武器は充分に揃っていることだし

今夜きっと私は誰かを殺してしまうでしょう

 

なんてことを考えながら伸びてゆくのは歩行距離だけ

普通に生きていける病になった運命を呪いたい

世界でいちばん最低な味をした

ホンモノの私が見つからない

 

I WONT TO KILL 私の偶像 

痛いの 現実が

本当の 私の運命

こんなはずじゃないんだっていつも

探している

 

名前をなくした私に彼は

運命を変えてあげるって言ったのよ

シャッター越しの恋をして

私の人生は光になった

それなのに私はこれが私の運命なのか分からないままでいる

 

I WONT TO KILL 私の残像

逢いたいの ありのままで

本当の 私の運命

交換こしてみたなら少しは

取り戻せるのかな...

 

『普通に喋れるし

 

普通になんでもなく笑顔になるし

 

普通に生きていける

 

普通に歩けるし

 

普通に頑張るし

 

心はとても疲れている

 

私は普通に生きていける病だ』

 

(卵は最初から卵だったのかい?)

 

(純真さだけがこの壁を超えられる)

 

 

 

I WONT TO KILL 私の偶像

いたいの ありのままで

本当の 私の運命

キミだけが教えてくれた

いたいな 君の隣に

逢いたいな どこにいるの?

運命はいじわるだね

届かないキミへ歌うの 

 

ここにいるよ

私は私になるよ

 

 そばにいるよ

キミの...

 

ここにいるよ

ふたりはひとつになるよ

 

今 会いに行くよ

『『キルユアアイドル』』

 

 

 

原作はこちらhttps://www.amazon.co.jp/dp/4990933923/ref=cm_sw_r_cp_ep_dp_KZw7BbFRNCZK4